「ほっ」と。キャンペーン

○○○も困るね。。



あれから、アレルギー症状も落ち着き
月曜からは休まずに学校に通った坊主

そんな坊主の学校生活について
記録しておこうと思います。



カサ○ランカの外れの外れ
その名もバラカ(お終い)という地名にあるローカル校にもかかわらず
ロシア人とのハーフ、セネガル人兄弟など
坊主を含め、4人の外国人顔の生徒が在籍しております。



もともと、娘っ子と同じ学校に通うことを想定していたので
何の前評判も知らずに選んだ学校でしたが
現時点の年中さんの教育プログラムでは
何の不満も感じておりません。


ただ、坊主が覚えて帰ってくるアラビア語は
他人を罵る言葉ばかり、、、
「お前はロバだ!」 「このゴミ野朗が!」


我が経済的レジダンス(?)に住む子供が大勢通っているのだからムリもないっ、
殆どの子供は、それなりに裕福そうな格好をして通学していますが
中には、ほぼネグレスト状態!!!?
毎日同じ格好で、不潔な状態で通学してくる子も居るのですよ。


坊主と同じクラスにいる男の子と女の子の双子の兄妹、
お母さんは見た目は普通の若いお母さんなのですが
歩き方や仕草から、育ちの悪さが丸出し、、、
とにかく下品なオーラを放っている女なのです。



双子の女の子の方は、
黒人の女の子がよくやる、細かく編んだ先にビーズを付けた髪型をしています
(ベタベタのモ○ッコ顔なんですけどね)

男の方はいつも同じ服装で
髪は寝癖がついたまま
坊主によると 「あの子、いつもクチがくさいの」 だそう。



2週間のヴァカンス明けの今週、
編み編みの髪をバッサリとショート・ヘアにカットした双子の女の子、
「やっぱりお前だったか、毛シラミの飼い主は!!!」 笑





タイトルにある「困るね。。」とは、
何と、坊主が学校でモテて困っているのですよ

「オレは二ザールと一緒に座りたいんだけど、サラが泣いちゃうの」

坊主の隣に座りたいという女の子が
毎朝、自分の隣の席を空けて待っているんだそう

「サラはかわいいの・・?」 と母

「顔はザハラの方がかわいい、でもサラはやさしいよ!」 と坊主。





昨日は、学校の中庭の遊具があるスペースで遊ぶ時間に、
サラがべったり坊主にくっついてきて
自分が遊びたい自転車で遊べなかった、、、と愚痴っておりましたわ




モテ男もツライね~



そんなことを自覚しているのか
最近では、朝の校門の前の別れ際に

「おかあさん、鼻の下汚くない?」

「このジャケット脱いでもおかしくない?」なんて

色気付いた言動が増えてきた4歳児、、、





「おかあさん、明日のおやつのジュースは2個買って!」

「なんで?」 

「だってリナにあげるんだもん!」




学業だけじゃなくて、こんな事も日々学んでいるんですね



貢ぐのではなく、貢がれろ!!!




しかし、セネガル兄弟よ
学校にスキー服で登校してくるって
そんなに寒いのか!!!      笑











































[PR]
# by zwina40mra | 2017-02-18 01:46 | 子供達 | Comments(0)

出たね。。


「今年は頻繁にブログを投稿しよう!」 と、新年に誓ったはずでしたが・・・

このサボリ癖はなかなか治りませんな、、、





前回の投稿からは・・・



娘っ子の学期末試験前日に 夫が、

なんと子供達の頭に ”毛ジラミの卵” があるのを発見!!!



それからは大変でしたよ

朝にシャワーを浴びたばかりなのに

家族全員で酢と塩を混ぜたもので洗髪し

シーツら枕カバーを全て洗濯し

午後で陽が傾きかけていたにもかかわらず

まだ日の当たる屋上で寝具を天日干し




本当に毛ジラミの卵だったのかは疑問が残るところですが

何とか被害を最小限に抑えることができました。





娘っ子は無事に試験をこなし

その後は2週間の冬休みへと突入!





毎年恒例となっている

海の別宅で義父母と一緒に過ごしてまいりました。





ヴァカンスも残り僅かな金曜日に

仕事のある夫抜きで、TAXIとBUSを乗り継いで自宅に戻り

久しぶりの我が家で静かな夜を過ごし(ジイさんバアさんのTVの音量はハンパなかったので 笑)

いつものベッドでゆっくり眠れると思っていたら

夜中の2時に坊主に起こされる




「おかあさん、おなかがいたい、ウ○チしたい」

トイレの後には何も無かったように寝入った坊主でしたが

その30分後、、



「おかあさん、またウ○チでる」

「あっ、ごめんね、でちゃった~」



幸い布団から出ていたので、身体を軽くお湯で洗って着替えさせて また眠る。




その30分後、

「おかあさん、ごめんね、またウ○チでちゃった~」





何だか悪い予感がしていて

厚めのひざ掛けを敷いてやっていたので良かった~




と、坊主をシャワールームに連れて行こうとした途端、

寝ている夫の頭の横に

「ゲロ~~~」 と撒き散らす、、




その後は気持ちが悪くて寝付けなったようで

何回か吐いたところでリビングに座らせ

母は朝食の支度をしていると

娘っ子が 「おかあさん、ユウちゃんの足がおかしいよ!」と呼びに来た。




脚全体がモコモコモコと赤くなって膨れあがり

坊主は凄い勢いで掻き毟っているではありませんか!



それから5分もしないうちに、

顔や首、耳の中までも痒がり始め

あっという間にボコボコ顔の別人に




これはアナフィラキシー・ショックに違いないと

長年のそばアレルギー持ちの母はピンときて

寝ていた夫を叩き起こして

かかりつけの小児科に直行しました。





TAXIの中で 「寒い、寒い」とガタガタ震えていた坊主ですが(厚手のジャケットの上から毛布でグルグル巻きでも)

小児科に駆け込んだ時には、元の普通の顔に戻っているではありませんか、、、






いや~ 本当にビックリしましたよ

小児科のセンセイによると

原因は、海の家に行く前に開封した瓶入り練りトマト

冷蔵庫に入れていたもんだからって

10日後に家に戻ってパスタのソースに使った母が悪いそうです・・・




「マダム、使いきれなかったトマトパテは、上からオリーブ・オイルを垂らして酸化を防ぐのよ」 

「それと、10日も経った食品は捨てなさい」 と、

ステキな女医さんから優しくなだめられました。





原因は本当に酸化したトマトなのか・・? 

それとも酸化防止剤やらの添加物か・・?

アナフィラキシーにしては時間が経過してからの発症だし・・

いろいろと疑問は残るところですが

いや~ 突然のアナフィラキシー・ショック、怖いですね~




母は20代の前半に、メニューに明記されていない、そば粉入りのパンケーキを食べ

すぐに喉の中まで腫れあがり、呼吸困難な状態で、一週間寝込んだ過去があります。

体力があった20代だったので

医者にも行かずに自宅でひたすら寝て回復を待ちましたが(その頃は知識もなかったし)

小さい子供では、命を落とすのはわかります。





アナフィラキシー用注射器を常備しておかないとね。





アレルギーだの毛ジラミだの

相変わらず騒がしい我が家でございます。






































































 

[PR]
# by zwina40mra | 2017-02-15 01:23 | 日常風景 | Comments(2)

祝! 脱大殺界。。



えっ、?  まだ三が日だったのですね



相変わらずお正月ムードのカケラもないこちらでは

普通の日常が続いております。




このブログにお寄り下さる皆様、新年はいかがお過ごしでしょうか

もうお餅にも飽きた頃でしょうか・・?   うらやましい!!!




気まぐれな投稿が続いているこのブログに

いつも辛抱強くお付き合いいただいてありがとうございます。




どうぞ本年も宜しくお願い申し上げます







ハッバーズ家の近況ですが



娘っ子は来週から始まる試験に備えて

大好きなユーチューブ観賞を控え

「ににんがし!」 「にさんがろく!」 と日本式に掛け算九九を暗誦しております。




一方の坊主は

学校でアルファべットと数字を習い

自分の名前を持ち物に書いたり

マジックで壁に大きく名前を書いたりしています、、、    ヤンキーか 笑




実はこの男、お金に執着があり

以前から、夫のポケットから小銭をせしめては

自分の隠し場所に貯めていたのですが




数字が書けるようになった今は

200、100、50、20、10dh と

紙にお金の絵を書いてはニンマリと喜んでおります。




「オレはお金をいっぱいもらいたいから、がっこうやめてはたらく!」 が最近の口癖、、、




「お金がいっぱいになったら、おかあさんにMOTO(バイク)買ってあげるね」 って

嬉しいじゃありませんか!!




さあ、今年は大殺界も抜けることですし (旧暦のお正月からだそうです)

母はエンジン全開で頑張りますか!




昨年の後半あたりから

今までかみ合わずにガタガタと回っていた歯車

イヤ、かすりもせずに完全に空回りしていた歯車が

カチっと、小さいながらも音を立ててかみ合って回りだした感があったのです





さあ、ネタは溜まっているので

今年は少しでも投稿が増やせるように頑張りますわ

このポンコツPCにも もう少し頑張ってもらいましょう!





あともう一人、肩の脱臼がクセになったポンコツ夫 (失礼すぎだね 笑)

二人分になった私立の授業料を支払うために

副業を増やして頑張っております。



見た目は相変わらず若いのですが

そんな夫も今年は40歳の節目の年




こんなハッバーズ家の2017年は

ドタバタしながらも 笑いが溢れる年にしたいと思います。。
[PR]
# by zwina40mra | 2017-01-04 01:22 | 日常風景 | Comments(0)

マイ○○だね。。



マラ○シュで開催されていた COP22も無事に閉幕し

母も誕生日を無事に過ごし(去年は前歯が折れたからね)

娘っ子の学期末試験も 無事に終了し

ザワザワとしていた気持ちにも 少しばかりの余裕が戻りました。







おかあさん、「○×△∵☆ って、#<*が悪いことするの・・?」って、

フランス語で地球温暖化について質問されても

言われた単語の一つもひっかかりませんことよ、、、    汗



早くも、小二の娘っ子からは 完全に置いてけぼりの母であります






それよりも、COP22終わりで開催されたコンサートが素晴らしかった!




フジのヘブンにトリップしてしまいましたよ

アフリカの国々のミュージシャンは素晴らしい!!

その中に混じって、開催国のこの国のミュージシャンのチョイスが失敗だったよう

何だか薄っぺらかったな~






さて、今日は義母ファテマさんのお話




毎年この時期になると 決まって自分の生まれ故郷のエッ○ウィラに帰っているファティマさん

どうして同じ時期なのか・・・ やっと理由がわかりました




故郷の実家の畑に、自分名義の一本のオリーブの木があるのですと

それが毎年たわわに実をつけて

家族と共に収穫をして 

オリーブオイルを絞り

自宅に持ち帰るのです。





義母は3歳の時に母親を亡くし、

父の2番目の妻(4人まで認められていた)、つまり継母に育てられたそうです。

昔は児童婚が普通でしたので

継母と言っても ファテマとは10歳ちょっとしか違わなかったのではないでしょうか




その継母は今でもご健在で(恐らく70代)

継妹と共にカサブ○ンカまで遊びにやって来ることもあります。






しかし、マイオリーブって素敵じゃありませんか!!





ただ、アタシの場合は

今から植えたんじゃ タワワに実る頃にはボケちゃって覚えてないかもね 笑





子供達のオリーブの木を

どこかに植えてやりたいものです。





関係ありませんが、途中から文字の大きさが変わってしまいましたが

どうやっても戻りません、、、





こりゃ、オリーブどころかブルーベリーすら口に入ることはなさそうだ・・・  爆




あっ、そうそう、紅白ご出演おめでとうございます!
 















































  



[PR]
# by zwina40mra | 2016-11-25 00:41 | ハッバーズ家の人々 | Comments(0)

ブサ・ブサ・ブサ。。




ブサとは、この国のことばで挨拶のキスのこと。





家族間はもちろん

親しい友人、

何回か顔を合わせた隣人 (家族以外は同姓に限る)

初対面でも 何かしらの関わりを持つ関係性がある時 (例えば病院にかかった時の女医さんなど)





その他にも、この国の人々はとにかく子供へのキスが好き!




大人が、通りかかりの 見知らぬ子供にキスすることも普通で

子供同士をキスさせるのもまた大好きなのですよ。




ウチの坊主を見つけると、自分の子供に「ほら、あの子にキスしてきなさい!」と強要、、

言われた子供は 知らない子にも自然にほっぺにチュッ!




しかしチュッされたウチの坊主は「イヤ~っ、、、」と汚いモノを拭うように頬をこする 汗、、、





自宅から徒歩3分の学校に通うだけで

毎日色々なヒトから挨拶のキスを受ける坊主、

でも、女子中高生の集団のキス攻めには

まんざらでもない顔をしています。





子供へのブサは何も問題はないのですが




母が毎日頭を悩ませるのは

ご近所の奥様がたへの挨拶方法なのですよ。





以前はすれ違いざまに「サラーム」と一言でよかったのですが

この9月から 通学ラッシュの時間帯に 徒歩で坊主を送るようになってから

ご近所さんと顔を合わせる機会がぐっと増えまして

多いときには同じマダムと一日3回も顔を合わせるのですよ




そうなってくると、

「あのアジア人は挨拶のキスもしないで、私を嫌っているのかしら~?」的な

被害妄想を持たれかねないこの国の女性の思考を考慮し

顔を覚えたマダム達との挨拶ラッシュが始まったのですよ。





これが面倒臭くてね~

頬を合わせて、右・左・右・右・右(私式の回数ですが)

その後に 「元気・・?」「順調・・?」「娘さんは元気・・?」などの軽い挨拶でお終いなのですが

次々に会うご近所さんと挨拶を交わしていると

そのうち、そんなに顔みしりでないマダムが通りかかり

既に挨拶のキスを交わしたマダムと、後から現れたマダムが親しかったりすると

後からのマダムにもキスを交わさないとならなくなり

一度したのに2度目に会った時に「サラーム」では済まなくなり

どんどん キスをしないとならない人数が多くなってきてしまったのですわ、、、





これも日本人の義理堅い性なのでしょうか・・・?

それとも考えすぎか、、?

疲れるんだわな~





この ”挨拶のキス” の呪縛から開放されたいのですが





最近の我がレジダンスでは

室内で猫を飼いだした隣人をめぐって

住人同士のイザコザが起こっているらしく




その猫を飼う住民は 近いうちに追い出されてしまうよう。。





そんなこともあって、

無愛想なアジア人女は 周囲に気を遣っているのであります。






挨拶のキスの文化がない日本人には負担でしかない、、





坊主も、仕事から帰った夫が 「ただいま~」のキス魔になると

「出たな、妖怪ブサおとこ!」

ア~ン・パ~ンチ!!!!!!


よ~し、やっけたぞ (やっつけたぞ)


坊主は日本人の血が濃いのかな 


























 





















[PR]
# by zwina40mra | 2016-11-11 01:37 | 日常風景 | Comments(0)